20回目の「父の日」

娘が今年二十歳の誕生日を迎えたので、私も20回目の「父の日」となりました。

(この写真は父の日、12回目くらいのときの娘です)


何かと存在感の薄い「父の日」。

「母の日」に比べると・・・ などと色々話題にもなりにくい「父の日」です。

「おとうさん」という呼称が広まったのは、1903年に配布された国語読本がきっかけだった

というのを、2019年6月14日付読売新聞の編集手帳で知りました。


「父の日」にウチの商品はいかがですか?

お父さんの好きな、お酒のおつまみになる商品いっぱいありますよ!

という宣伝を、「父の日」当日にしても遅きに失することですので、商品の宣伝はいたしません。


今日は「父の日」に思うことを少し、書きたいと思います。

私にとって「父の日」は、子供のことをあらためて思う日です。

娘が生まれたあの日に、父にさせてもらいました。

父となりました、という方が普通かもしれませんが、父親にしてくれた娘に感謝です。


娘と離れて暮らすようになってから、余計にそんなことを考えるようになりました。

娘の誕生日は、昔の写真を眺めて、子供の成長を思う日ですが、「父の日」は、子供にとって、

本当に良い父親であるか、子供の見本となる父親であるか、そんなことを自分自身に問うてみる

1日なのです。

どんな父親が良いのか、理想とする父親とは・・・

娘に聞くのが一番かもしれませんが、聞く前に、まずは自分自身の中で誇れる自分であることが

必要ではないかと思っています。

父親として、娘に胸張って自慢できるようなことはしてあげられていませんが、来年の「父の日」

には、こんなことをやったよ、って、娘に報告できる1日にしたいと思う、今年の「父の日」

でした。


今年もたくさんのお取引先さまから、父の日ギフト用にと、ご注文をいただきました。

本当にありがとうございました。

ご注文いただいた商品の中には、娘のためにつくった商品もあります。




0コメント

  • 1000 / 1000