おかんのりんごと、おとんのキウイ。

私の父は4年前の1月に他界しました。

葬儀も終わり、1週間ほど経って、母も少し落ち着きを取り戻してきた様子を感じて、

姉二人とそれぞれの家に戻ろうか、と話しをしていた時でした。

母が一言、「あなたたちが戻る前に、お願いがあるの。

そこにあるりんごの皮をむいて、食べやすい形に切って、お皿の上においてくれないかしら」と。

母は昔から、りんごが大好きです。

今では、少し不自由になったカラダのために、その大好きなりんごを、皮をむことも、切ることも、

上手にできなくなってきています。

父が生きていたときは、父がその役目をしてくれていたのです。

両親二人、実家に残してそれぞれの家で生活している私たちにとって、それは何気ないお願いでも

あり、とても重いお願いでもありました。

家に戻って、その話を妻にすると、

あなたの会社で、お母さんがいつでも食べられるりんご作れるんじゃないのって。

ドライフルーツにすれば、いつでも食べることができる、りんごが出来ます。

ドライフルーツは、乾燥食品の中では定番中の定番商品。

ウチのような後発メーカーでは、大手のメーカーと対等に戦うことはできないと、

全くつくることを考えていませんでした。

はじめから、商売になる商品だけをつくろうと考えていたのです。

商品は、商いのできる品、と書きますが、それだけを考えてモノづくりをしていたことを恥じた

瞬間でもありました。

誰か食べてくれる人がいる、その顔が見えるだけで、つくる価値があり、つくるべき商品では

ないかと。

私のつくった、りんごのドライフルーツ 、母に食べてもらいました。

これで、皮むきをお願いしなくてもよくなったわね、そう言って笑う母は少し安心しているよう

にも見えました。

そして思い出したのです。

キウイが好きだった父のこと。

生きていたら、きっと、きっと、と思い、つくって、仏前にお供えしました。

美味しく食べてくれているかな・・・

ドライフルーツの最初は、おかんのりんごと、おとんのキウイから始まったのです。

0コメント

  • 1000 / 1000